スプレッドシート関数

スプレッドシートで条件に一致するセルを数えるCOUNTIF関数

スプレッドシートのCOUNTIF関数

スプレッドシートのCOUNTIF関数の使い方

スプレッドシートで1つの条件に合うセルの数を数えたい場合はExcelと同様、COUNTIF関数を使用します。

例題を使ってスプレッドシートでのCOUNTIF関数の一般的な使用方法について簡単に説明します。

Sample

C列に出欠の記載がある表から、出席の人を数えたい

COUNTIF関数の使い方
  1. セルF4を選択します。
  2. =COUNTIF(C4:C13,E4) と入力します。

[解説]
( )の中は、以下を「,」で区切って使用するセルを選択もしくは入力します。

範囲 C4:C13
条件 E4(もしくは「"出席"」と入力)

C4~C13から「出席(E4)」に一致する行(データ)の数を数える意味になります。
条件にテキストを入力する場合は、二重引用符( ")で囲む必要があります。
数値の場合は二重引用符は不要です。

スプレッドシートのCOUNTIFでの色々な条件の入れ方

○○と等しい(完全一致)

=COUNTIF(B4:B13,"営業")

「営業」と等しいという条件になります。

特定の文字を含む

=COUNTIF(B4:B13,"*株式会社*")

「株式会社」を含む条件になります。

特定の文字と等しくない(含まない)

=COUNTIF(B4:B13,"<>*株式会社*")

「株式会社」を含まないという条件になります。

特定の文字から始まる(前方一致)

=COUNTIF(B4:B13,"株式会社*")

「株式会社」から始まる条件になります。

○○以上

=COUNTIF(B4:B13,>=100000)

「100,000以上」という条件になります。

○○より小さい

=COUNTIF(B4:B13,<50000)

「50,000」より小さい(未満)という条件になります。

チェックボックスの数を数える

Googleスプレッドシートのチェックボックスの使い方

チェックボックスを使用している場合、COUNTIF関数でチェックの数を数えることもできます。チェックボックスの詳しい使い方はチェックボックスのページもご覧ください。

スプレッドシートのCOUNTIF - 概要

COUNTIF(カウントイフ)を使用すると、特定の文字のあるセルの数をカウントしたり、特定の日付、数値に基づいてセルの数を数えることができます。
COUNTIFは部分一致のために論理演算子(>、<、<>、=)とワイルドカード(* ,?)を使用することができます。

関数の構文

スプレッドシートのCOUNTIF関数の構文は次のとおりです。

=COUNTIF(範囲, 検索条件)
引数 説明
範囲 必須。条件を判別するセルの範囲です(例:A1:A10)。
条件 必須。上記「範囲」で指定した範囲から何を探したいか、の条件をここで指定します。数値、テキスト、日付、論理式、セル参照、または別のExcel関数の形式で指定できます。

関数の読み方

読み方:カウントイフ