統計関数

COUNTBLANK関数 / 空白セルの数を数える

COUNTBLANK関数

COUNTBLANK関数の使い方

Excelで空白セルの数を数えたい場合は、COUNTBLANK関数を使用します。
何かしら入力されているセルの数を数える場合は「COUNTA関数」、条件をつけてセルの数を数えたい場合は「COUNTIF関数」を使用してください。

例題を使ってCOUNTBLANK関数の一般的な使用方法について簡単に説明します。

Sample

出欠が未定(空白セル)の数を数えたい

COUNTBLANK関数の使い方
上記の例では、人数を表示させたいセルF6に以下のようなCOUNTBLANK関数の数式を入力します。

=COUNTBLANK(C4:C13)
[解説]
C4~C13のセルから空欄の数を、F6に表示する。
範囲 C4:C13

 

スペースが入っているなど、空に見えても何かが入っている場合は空白とはみなされません。

ExcelのCOUNTBLANK - 概要

COUNTBLANK(カウントブランク)は空白セルの数を数える関数です。

関数の構文

ExcelのCOUNTBLANK関数の構文は次のとおりです。

=COUNTBLANK(範囲)

 

引数 説明
範囲 空白セルを数える範囲です(例:A1:A10)

使用する際の注意

  • テキスト、数値、エラーなどを含むセルはカウントされません。

関数の読み方とバージョン

読み方:カウントブランク
バージョン:Excel2002以降すべてのバージョン