統計関数

MAXIFS関数 / 複数条件に一致するデータの最大値を求める

MAXIFS関数

MAXIFS関数の使い方

Excelで条件に合うものの中で最大値を求める場合は、MAXIFS関数を使用します。

例題を使ってMAXIFS関数の一般的な使用方法について簡単に説明します。

Sample

売上表から、東京の営業所の最大売上額の金額を知りたい

MAXIFS関数の使い方
上記の例では、東京の最大値を表示させたいセルF4に以下のようなMAXIFS数式を入力します。

=MAXIFS(C4:C13,B4:B13,E4)

[解説]
B4~B13が「東京(E4)」の、C4~C13のセルの最大値を出す。

最大範囲 C4:C13
条件範囲1 B4:B13
条件1 E4(もしくは「"東京"」と入力)

セル参照の代わりに、テキストや数字、日付を条件に含めることができます。

Excel2016から使用できる関数のため、2013以前のバージョンの場合は、IF関数とMAX関数を組み合わせて使用します。

ExcelのMAXIFS - 概要

MAXIFS(マックスイフス)関数は、範囲内の条件を満たす最大の数値を返します。MAXIFSを使用すると、特定の基準に一致する日付、数値、およびテキストに基づいてセルの最大値を表示することができます。MAXIFSは部分一致のために論理演算子(>、<、<>、=)とワイルドカード(* ,?)が使用できます。

関数の構文

ExcelのMAXIFS関数の構文は次のとおりです。

=MAXIFS(最大範囲, 条件範囲1,条件1, [条件範囲2,条件2]…)

 

引数 説明
最大範囲 必須。条件を満たす場合に最大値を決定するために使用されるセルの範囲。
条件範囲1 条件が満たしているかどうかを判断するための範囲を指定します。
条件1 上記で指定した範囲で求めたい条件の値(もしくはセルを選択)。

使用する際の注意

  • テキスト条件、または数学記号を含む条件は、二重引用符( ")で囲む必要があります。
    数字の条件は、引用符なしで指定できます。
  • ワイルドカード(?、*)を使用することで部分一致などの条件指定もできます。
    疑問符は任意の1文字に一致し、アスタリスクは任意の文字列に一致します。

関数の読み方とバージョン

読み方:マックスイフス、マックスイフエス
バージョン:Excel2016以降

DMAX関数との使いわけ

MAXIFSで複数条件の指定した場合はAND条件となりますが、DMAX関数はAND条件OR条件を簡単に設定することができます。

AND条件での複数条件であればMAXIFS関数でも同じことができます。

DMAX関数
DMAX関数 / 複数条件に一致するデータから最大値を求めるExcelで複数条件に合ったデータの最大値を求めるDMAX関数の使い方。実務に基づくサンプルで理解しやすいExcel操作。...