統計関数

AVERAGE関数 / 平均を求める

AVERAGE関数

AVERAGE関数の使い方

Excelで平均値を求めたい場合は、AVERAGE関数を使用します。
条件をつけて平均を求めたい場合は「AVERAGEIF関数」を使用してください。

例題を使ってAVERAGE関数の一般的な使用方法について簡単に説明します。

Sample

2017年の売上平均を表示させたい

AVERAGE関数の使い方
上記の例では、平均を表示させたいセルB12に以下のようなAVERAGE数式を入力します。

=AVERAGE(B4:B8)

[解説]
B4~B8を平均する。

数値1 B4:B13

また、離れたセルの平均を求めたい場合は、以下のようにカンマ(,)区切りで入力をします。

=AVERAGE(C4,C7,C13)

上記の例では『C4とC7とC13』の平均を求めることになります。

ExcelのAVERAGE - 概要

Excel AVERAGE関数は、複数の引数として指定された値の合計を返します。
AVERAGEは、最大255個の個々の引数を扱うことができます。
引数には、数値、セル参照、範囲、配列、定数を含めることができます。

関数の構文

ExcelのAVERAGE関数の構文は次のとおりです。

=AVERAGE(数値1, [数値2], [数値3], …)

 

引数 説明
数値1 必須。平均するセルの範囲です(例:A1:A10)
数値2 平均する2つ目のセルの範囲です
数値3 平均する3つ目のセルの範囲です

使用する際の注意

  • AVERAGE関数は、引数として指定された値を平均します(最大255個)。
    引数は、数値、セル参照、範囲、配列、およびその他の数式なども指定できます。
  • 隣接したセル範囲はまとめて選択することができます。
    たとえば、A1~A3までの合計をしたい場合は、(A1:A3)もしくは(A1,A2,A3)を入れても平均を出すことができます。
  • ゼロ値(0)のセルは平均値に含まれます。
  • テキスト文字列や空のセルを含むセルは無視されます。

関数の読み方とバージョン

読み方:アベレージ
バージョン:Excel2002以降すべてのバージョン